Category Archives: 未分類

iPad社内勉強会にて講演させていただきました

先日、名古屋の某大手印刷会社からの熱いご要望を受け、営業様向けに「iPad勉強会」と題した勉強会にて講演をさせて頂きました。

iPadへの理解を深め、企業様でiPadおよびそのソリューションでどのように活用できるかについての社内勉強会。
「iPadとは?」から始まり、弊社のiPadソリューション実績や一般企業様での活用事例などを紹介しながら、「iPadで実現できる事」を具体的にお話させて頂きました。

会場は外に負けない程の熱気で満ち溢れておりました。

それもそのはず、

同社は、様々なお客様からiPad活用についての熱いご要望・ご相談を受けられているようで、いよいよ名古屋でのiPad・タブレット活用が盛り上がりを見せていると確信せざるを得ませんでした。

今回の講演も、ぐっと密度の濃いものになったと感じております。
同勉強会のアレンジをして頂きましたご担当者様、本当に有難うございました。

ちなみですが、現在は東海3県(愛知県、岐阜県、三重県)に限っていますが、
社内勉強会などでの講演のご相談を承っております。
ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

セミナー終了しました

「iPadをビジネスで活用するには?」のセミナー終了しました!

名古屋で80名強のご参加と、大盛況で幕を閉じる事ができました。

皆様のiPad導入へのご興味がひしひしと伝わってくる会場で、
弊社からは、弊社が開発を行い実際に現場で採用されている販促ツールアプリの紹介。
講演後、数々のお客様からお声掛けを頂戴しました。

主催社様、ご講演をご一緒にされました企業様、皆さま本当にお疲れ様でした!

このような機会を頂戴し、感謝しております。

そして、またお願いします。

【iPad x 企業】 iPadをビジネスで活用するには?

この度、三谷商事株式会社様主催の「iPadをビジネスで活用するには?」セミナーにおきまして、弊社イノックスの堀之内孝志が講演を行う事になったため、ご報告をさせて戴きます。

テーマ: 【iPad×企業】 iPadをビジネスで活用するには?

開催日: 2011年7月29日(金)
開催時間: 13:00~16:45(12:00~ 受付開始)
会場: ウインクあいち 13階(1301会議室)
住所: 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38

弊社からは、弊社実績を用いてのオリジナルiPadアプリの販促利用をご紹介する予定です。
また、弊社以外にも、下記講師が講演を行う予定としております。

・ソフトバンクBB株式会社 (iPad/スマートデバイスを活用した業務改革)

・インフォテリア株式会社 (iPadのビジネス利用促進 「Handbook3」のご紹介)
・株式会社コネクトワン (iPad/スマートデバイス導入でシステム管理者が知っておきたい56項目)
・株式会社名古屋教育ソリューションズ (社内教育での利用について)

詳細につきましては、下記URLを参照願います。

http://si.mitani-corp.co.jp/nagoya2011.html

定員数が50名と限られており、既に多くの方から参加希望を頂戴しております。
皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

世界でのモバイルOSマーケットシェア(~2011年2月)

今回は、世界(主要国)でのモバイルOSマーケットシェアが一目でわかるインフォグラフィックスをご紹介。

Mobile Operation System Market Share Version 2.0 (source:Mobile Market Share)

統計は2011年2月までの傾向をまとめたものになっている。

・新興国(ブラジル、インド、チュニジア、ロシア等)では、Nokia(SymbianOS)が現在も勢力を保持している。
・アメリカや日本では、アンドロイドの急成長が観測され、イギリスでもその傾向が見られ始めている。
・韓国ではSamsungやLGなどの端末メーカーの販促効果からか、アンドロイドが逸脱している。
・中国などでは、Nokiaがシェアを落とし始めている。

中国についてのコメントだが、昨年のインフォグラフィックスでは、中国のiOSは7%から11%に伸びており、アンドロイドに関してはOthersに分類されていたものが、3%へと成長している。スマートフォンへの移管が始まっているが、iPhoneの場合、高い契約料金(上海日系企業に勤めている中国人給料の1ヵ月分程度)から、高所得者に限られており、アンドロイドでは、まだ著名端末メーカーが少ない事から、いまひとつという感じである。

尚、上記は2011年2月現在のデータをベースにしているため、あくまでも貴社グローバル戦略のご参考までにご覧ください。

また、中国は2009年の業界再編以来、携帯電話加入者数が8億5000万人を突破したと言われる巨大マーケット。別途中国モバイルマーケットについては取り上げてみたいと思う。http://www.trendism.jp/wordpress/wp-content/uploads/2011/03/global-os-marketshare-feb.2011-o.png

2011 スマートフォンマーケットシェア(国別)

世界をターゲットにスマートフォン向けアプリがリリースできるようになった現在、OSのマーケットシェアは気になるところ。

そこで、Kantar WorldPanelが発表する世界(北米、ヨーロッパ、オーストラリア)の2011スマートフォンマーケットシェアをまとめてみた。
是非、貴社のグローバル戦略の参考にしてもらいたい。

当然の如く、各国でAndroidの急成長ぶりが見られる。iOSについては、スマートフォン全体のマーケット拡大に対して、iOSは端末の販売数を伸ばしても、シェア獲得には苦戦しているようだ。

Windows Phoneはリリースしたものの、まだマーケットにインパクトを残せていないようだが。。。

尚、アジア圏については、別の機会に取り上げたいと思う。